そうだ、ドルトムントの試合を見に行こう。魅力、チケットの値段、行き方をまとめてみた!

スポンサーリンク

サッカーが好きな人はもちろん、日本代表選手が海外のクラブで活躍している試合って誰しも一度は生で見てみたいですよね!

ただ、行きたい気持ちはあってもチケットの買い方や現地でスタジアムにたどり着けるかなど、海外ならではの不安な要素があると思います!

今日は香川真司選手が属するボルシア・ドルトムントのホーム試合観戦についてまとめてみました。

では、さっそく見て行きましょう!

ドルトムントのここが凄い!世界一のスタジアム「ジグナル・イドゥナ・パルク」とは

ボルシア・ドルトムントの魅力はそのプレーだけならず、世界トップレベルのサポーターとホームスタジアムにもあります。

サポーターの熱狂ぶりは世界的にも有名で、ホームスタジアムである「ジグナル・イドゥナ・パルク」には毎試合8万人ほどの人々が集まります。

そしてなんと、その平均集客率はバルセロナの「カンプ・ノウ」を超えて世界第1なのです!

ソースはこちら16/17シーズン集計)

サッカー好きの方、香川選手のファンの方なら、一度はそんな特別な空間でサポーターと一緒に試合を見たいですよね!

では、チケットの買い方、料金はどのくらいかかるのか見ていきましょう!

チケットの買い方、値段について

チケットの購入方法としては主に以下の3つがあります!

  • 公式オンラインショップ
  • チケット代行業者
  • 現地のダフ屋

それぞれの購入方法と料金の違いなどを見ていきましょう。

公式オンラインショップ

やっぱり公式ルートでのチケット購入が一番安いです!

ただし、会員向けの販売日と一般向けの販売日が別となっており、一般向けのチケットもすぐ売り切れてしまうので注意が必要です。

購入フローとしては

あらかじめ一般販売の日程をチェック

販売開始されたら公式オンラインショップで購入

といった流れになります。

まずはこちらで直近の試合の一般販売の日程をチェックしましょう!

ちなみに「VVK Alle」とドイツ語で書かれている列が、一般販売の列です。(ヨーロッパの日付表記は「日,,年」となっているので注意してくださいね)

その後、チケットショップで購入したい試合を選択し、座席を選んだら受取方法の設定に進んでいきましょう。(現地受取しかありませんが)

公式のチケット購入はすぐに売り切れてしまうため一般公開開始時間前後にPCに張り付く根性と運が必要になってきます!笑

ただし、二次販売もあるので諦めないことも大事ですよ。

一番右列の「2. Markt」が二次販売で「geöffnet」となっているものが受付中になります。(これもすぐに売り切れますが・・)

さて、気になる料金ですが公式の場合€17,40€81,30の間で購入できるようです。

やっぱりめちゃくちゃ安いですね!

「安全なものを安く買いたい」という方は公式での購入がおすすめです。

メリット

  • どの方法よりも正確で、安価にチケットが手にはいる

デメリット

  • 一般向けの枚数があまり多くなく、すぐに売り切れてしまう
  • サイトがドイツ語なのでわかりづらい

チケット代行業者

日本のチケット代行業者と海外のチケット代行業者の2つの選択肢がありますが、

リスクを伴いたくない方は日本の業者を利用することをお勧めします。

自分はチケット代行を利用したことはないので、特に比較してオススメなどはできないのですが、

「ドルトムント チケット」で検索するとたくさんでてきますのであなたに合った業者をぜひ探してみてください!

ただし、手数料がかかってきますので、通常価格に5000円~50000円程度上乗せとなってしまいますので、

「お金をかけても確実に見にいきたい!」という方にはおすすめです。

メリット

  • 日本語が使えて、サポートもあるのであんしん

デメリット

  • 手数料がめちゃくちゃかかる
  • 良い席は取りづらい

現地のダフ屋

実は私、ドルトムントのホームスタジアム前のダフ屋でチケットを購入しました!笑

その時は、スタッフが近くにいようが御構い無しで手売りをしていましたね。

もしドイツに数日滞在する機会があって、公式ショップで買えなかった場合はダフ屋での購入も個人的にはアリだと思っています。

料金は確か一人あたり€70くらいで買った記憶があります。代行で買うよりは全然安いですね。

最初は友人と2人で€70って言ってたので食いついてたら、「あぁ、計算を間違えちまった、1€70なんだ」って言いながらスマホの電卓画面を見せてくれたのは今も覚えています。笑

ダフ屋は「予約とれなかったけどドイツに来たからどうしても見たい!」という方におすすめかもしれませんね。

メリット

  • 公式で売り切れても買うチャンスがある
  • 公式よりは高いが、日本の代行業者よりは安い
  • 現物を見て買うことができる

デメリット

  • 若干ぼったくられる可能性はある
  • 非正規なのであくまで自己責任

以上3つ、チケットの購入方法を紹介してきました。

では、実際にドルトムントのホームスタジアムにいくためのアクセス方法をいくつか見ていきましょう。

スタジアムまでの行き方

まずはスタジアムの場所について。

ドルトムント駅からは少し離れたところにあるんですね。

では、さっそくスタジアムへのアクセス方法を見て行きましょう。

車での行き方

高速道路の降り方が公式サイトにまとめられてありましたので、以下引用します。

北から:A1“Kreuz Dortmund-Unna”で降り、A44/B1でドルトムントへ

東から:A2“Kreuz Dortmund-Nordost”で降り、B236でシュベルテ、B1でドルトムントへ

南から:A45“Kreuz Dortmund-Sud”で降り、B54でドルトムントへ

西から:A40/B1でドルトムントへ

引用元:http://www.bvb.jp/ticket/

収容人数が8,000超えのスタジアムだけあって、周辺にはかなりのパーキングエリアが設けられているようです。パーキングエリアの場所はこちら

ただし、上記のものは全て有料となりますのでご注意ください。

駐車料金にあまりお金をかけたくないという方は、近くの大学(TU Dortmund University)に€2で停められて、そこから無料シャトルバスがでてるらしいのでおすすめです。

電車での行き方

ドルトムント中央駅(Dortmund Hauptbahnhof)からジグナル・イドゥナ・パルク駅(SIGNAL IDUNA PARK)まで電車が出ています。

スタジアムまでは徒歩3分程度です。

地下鉄での行き方

ドルトムント中央駅(Dortmund Hauptbahnhof)からヴェストファーレン/シュタディオン駅(Westfalenhallen/Stadion)まで地下鉄の列車が出ています。

スタジアムまでは徒歩5分程度ですが、こちらの方が本数が多いです。

試合の日は駅ホームに迎えばユニフォーム姿の人がぞろぞろ歩いてるのが見えるので、自分の場合は何も知らなくてもついていくだけでスタジアムまで辿りつけました。笑

ドイツ・サッカー博物館も見てみよう

(出典:公式サイトhttps://www.fussballmuseum.de/en.htm)

なんとドルトムントにはドイツサッカーの全てが詰まった「ドイツ・サッカー博物館」があります!

ドイツサッカーの歴史、ドイツ代表のトロフィー、代表選手の資料など、ドイツサッカーファンにはたまらない観光地ですね。

これまでの功績を振り返る3Dシネマや、遊べる小さなピッチもあるようです!

ドルトムントの試合を見に行くついでに、ぜひ訪ねてみてください!

お家でドルトムントの試合を見たい方へ

これまでドルトムントのサッカー観戦チケットの買い方、アクセスについて紹介してきましたが、

頻繁にドイツまで足を運んで見に行くというのはなかなか難しいですよね・・泣。

そこで、お家でドルトムント観戦する方法について触れていきたいと思います。

現在なんとスカパーが18/19シーズン+以降2シーズンの独占放送権を持っているため、ブンデスの試合を見たい方はスカパーに登録する必要があるようです。

まだスカパーに加入していない方は、以下から登録することができます。


ブンデスの他にもセリエAやプレミア、リーガ・エスパニョーラが観れるので、サッカー好きなら一否応なしに一度試してみる価値ありです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はボルシア・ドルトムントの観戦チケットの買い方、アクセスについて紹介しました。

現地で香川選手を見てみたい!応援したい!という方は参考にしてみてください!

そして、あの熱狂的なサポーターと一緒に大盛り上がりしちゃいましょう。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク